モトレジェンド

山中勲氏の記事が見たくて買ってみたが、その他の内容でもCB750Fの理解を深めるのに役立つ内容が多くて楽しい。




当初スペンサーカラーが購入基準だったが、各カラーを眺めていると、この初期デザインのレイアウトが一番しっくりくることに気づいた。



うちのFはサイドカバーも少し割れてるし、外装補修するときには初期型カラーのデザインに塗り直すかもしれない。

CB750F 復活(2回目)

バッテリーを満充電にして再びスターティングモーターを回すと、すごい勢いでキュルキュル回るもののエンジンは全く反応なし。
点火系に問題でもあるのかなあ・・・

とりあえず、簡単なところからトラブルシューティングしてみる
1、バッテリーが悪い
2、ガソリンが悪い

バッテリーはさっき充電したからしばらくは持つとして、次のガソリンに着目。
車検前に新鮮なガソリンを入れたけどまだ古いのが残っているのかもしれない。
ガソリン容器を出してきて、キャブ下のドレンにチューブをつないで排出。

・・・・・
・・・
ガソリンが黄色い!!(汗)

はい、劣化ガソリンが大きな原因で決定!

これはまずい。こんなのでまともにエンジンかかるわけがありません。
車検時にエンジンかかっていたのは一体どうして・・・?

タンクのコックをリザーブにして、下に溜まっているであろうガソリンを5Lくらい抜きました。
その後、タンクを大きく揺らしてさらに抜いてみた。
ガソリンは半分以下に・・・

キャブに繋ぎ直して車体を揺らし、キャブにガソリンを流し込んでスタータースイッチを押すと、あっさりエンジンスタート。
ああ~ ガソリンだったか~
ご心配いただいた皆様ありがとうございました。エンジンかかりました。

さてバッテリーの様子はどうなん?
Optimate君 「あ、ちょっとヤバイっす。 \/ピコーン」
マジっすか。

ガソリンとバッテリー両方だめだったんか・・・
一度上がったバッテリーは、どのみち交換しなきゃいかんってことですね。
また新しく用意します。

次回は発電具合の調査をしたいです。

漏電測定

いろいろコメントなどいただいてありがとうございます。
漏電を調べました。



この様子だと漏電してないみたいです。
バッテリー上がってダメになった説濃厚。

ひとつ謎が残る。
調べている間は電線が繋がっている扱いだから、例えばキーシリンダーがONかPの位置だったら通電して電球が点くのでは?と思った。
しかし点かなかった。

一応電流あるけど少ないみたい。



しかしバッテリーを繋ぎ直してキーをON、Pにすると正常に点灯した。
うーん?
漏電は無かったみたいだから、まあいいのかな...



ホイールスペーサー 3mm

走りやすさをもう少し改善したいと思い、ホイールスペーサー3mm厚を取り付け。
5mm厚だとナットのかかる長さがかなり少なくなり危ないので、安全を考えて3mmに。




取り付け後、ネジ山1・2本分引っ込みました。
これなら確実に安全圏内。



取り付け前


取り付け後


片側3mmなんで外見はほとんどわからない気がします。
でも前輪側はぴったりツライチになりました。


たった3mmと侮っていましたが走りやすさは予想以上に改善。

直進安定性の向上
転舵が早い
カーブで踏ん張りが効き、傾きも減る
車体の揺れ、横揺れが減少
路面の荒れによる振動が減少
しなやかな動きになる

もっと早く装着しておけば良かったなあ。

バッテリー死亡?

今朝CB出して走りに行こうと思ったらバッテリーが死んでるみたいでエンジンがかかりませんでした。
Optimate4の診断で死亡判定が出て回復充電を試みるているがどうなることやら。

あー、バッテリーまた買わなきゃだめかー。
エンジンかからないとレギュレーターの安否調査もできないな。
相変わらず電装系トラブルが頭を悩ませる。

主力機のF800Sの点検は終了しているので、近いうちに受け取りに行かないと走るものが無いな。

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh