スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国ツーリング 4/30

6時起床

- - - - - - - - - - - -

6時半に朝食

朝食はバイキング形式だったが、どちらかというと和食中心。
贅沢言わなければおいしいものばかりだ。満足満足。
焼き魚やつくねがおいしかった。
ビジネスホテルのバイキングよりは全然おいしいわ。

こんな朝の海の景色を見ながら食事できるなんて幸せだな。



・・・というか、みんなこの方向を向いて食べていたのが可笑しかった(笑)

夕食はけっこう人がいたのだけど、なぜか朝食はほとんど人がいない。
これから仕事みたいなおじさんが数人だけだった。

- - - - - - - - - - - -

昨晩も、土産物売り場で悩んでいたのだが・・・

やっぱりこれを買っていくことにした。



かめさん (笑)

や、もちろん嫁様へのお土産ですよ!

(とても喜んでもらえました)

- - - - - - - - - - - -

さて、ぼちぼち準備して出発。
出航時間の1時間前、つまり10時頃にはフェリーターミナルに着かなくてはいけない。

今日の天気予報通り、出発してまもなく霧雨・小雨が降り出した。
劣化したレインウェアに水が染みてくる前に着かなくては・・・

きのうの陸王のおじさんに、近所のいいコースを教えてもらっていたが、天気と時間が心配だったので、またの機会の楽しみにすることにした。

- - - - - - - - - - - -

山間部を抜けるとすぐに、徳島の市街地に入った。
もう楽しい風景は何もない。淡々とフェリーターミナルに向かうのみ。

- - - - - - - - - - - -

地図を確認しながらフェリーターミナルに向かうが、着いてみたら、フェリーの行き先が違う。

???

おっと、隣の埠頭だったか?戻らなきゃ。
同じような場所にターミナルが複数あるらしい・・・

というか、なんで案内看板がひとつも無いの?!(汗)
しかも、どこもちっちゃな貨物ターミナルみたいで、地図が無かったら着けないような場所ばかり。

- - - - - - - - - - - -

10時、ようやく到着。



これは・・ぼろいな・・・(直感)

ターミナル施設の中も、昭和40年くらいにタイムスリップしたような古さだった。
地震のヒビも埋めただけでそのままで、各所が歪みまくっている。

乗船手続きをして、サクッと乗船。

- - - - - - - - - - - -

船内は・・・ぼろいな・・・・(笑)

部屋は、雑魚寝の2等大部屋。
いや、別に2等なのはまったく問題無いのだが・・・

エンジン音が響きまくって、かなりうるさい!これ何十デシベル?(笑)
けっこうな振動もあって、床にビッシビシくる。
しかも半端に揺れる。
これはうるさすぎて寝られないぞ・・・
売店で耳栓を買ったのに、普通に耳栓を貫通する威力の激しい音と激しい振動。

フェリーは、商船三井や新日本海で十分慣れてたつもりだったが、甘かった(笑)

元レストランの休憩所が一番静かで揺れず、居心地が良いので、ずっとそこにいた。
2等の大部屋は、夜に寝るときだけ戻った。

- - - - - - - - - - - -

しかし・・・距離の割には20時間は長いな・・・
船がやたら遅いのだ・・・
時速40キロ出てないのか・・・
新型船を求む・・・・

これだったら自走で帰ったほうが良かったんじゃないのか・・(苦笑)

- - - - - - - - - - - -

船内の食事は自販機しかない。
無駄使いを避けるため、食事も最低限にした。
食事は、1日2回販売される、300円の讃岐うどんだけ。



そこらの冷凍うどんと同じでがっかりしたが、安いからいいや。

あとは、酔いそうなときにアイス食ってごまかす。

- - - - - - - - - - - -

翌朝6時、東京ゲートブリッジをくぐり、東京フェリーターミナルに到着。



- - - - - - - - - - - -

ようやく降りられた・・・

下船する場所はお台場。
地図を見なくても、すぐに帰れる場所だから、これは助かる。

7時には家に着いた。おつかれまでした。
さっさと荷物を片づけ、休憩もそこそこに、本日の営業開始~ (笑)

- - - - - - - - - - - -

急ぎ旅ではあったけど、なかなか充実できた旅でした。
四国は、なかなか良いところでした。とても癒されました。
もっと隅々まで、じっくり見てまわりたいですね。
機会があればまた行きます。



スポンサーサイト

オイル交換:ホンダG2

ワコーズプロステージの不快指数の高さに耐えかねて、400kmくらいでオイル交換(笑)
もったいないかもしれないけど、気持ち悪いまま走るのも嫌なので。

交換オイルは、ホンダG2の10W-40。

これが・・・正解!!

・停車時、走行中問わず、ギアが正確に柔らかく良く入る
・アッシュ程ではないが、吹けも良く、よく回る
・回転の感触に少しゴリゴリした手応えがあっていい
・耐熱性もほどほどにある様子

プロステージ比
・プロステージよりギアチェンジが柔らかく良く入る
・プロステージより回しやすくなった
・プロステージより雑音が減った
・プロステージで発生していた不快な振動が、だいぶ減った
・極低速でガクガクしなくなった

回す感触はアッシュFSと対局な位置ですが、楽しさ、快適さは近いですね。
これなら、しばらくG2で走り込んで、たまにアッシュでトリートメントするといいかも。

これでようやく安心して走れます。

ワコーズ プロステージ

エンジンオイル

アッシュ・FSからワコーズプロステージに変えてみたが失敗

全てにおいて悪化という頭を抱えたくなるような結果に。

・ヘッドからカチャカチャ雑音が出るようになった
・吹けが悪い、鈍重
・回転がガサガサする
・ギアが入りづらい、フィールが硬い
・エンジンが熱をもつとすぐに回りが悪くなる


今思えばアッシュは完璧だった。

冷間時・高温時問わず安定
雑音ほとんどなく爽快に気持ち良く回る
距離を走っても劣化を感じない特性


走ってても気持ち良くないので、1000キロくらいしたら交換する予定。
アッシュに戻すか、G2かG3にするか・・・

ドリライ座談会に出席

本日、渋谷にて開催されましたドリライ座談会に出席してきました。
オートバイの今昔、傾向、会社イメージ、車種について等、様々な話題について自由に意見を述べ合う会でした。

ドリライのアンケート回答者の中から人を選び、さらに出席希望の人だけ参加する仕組みでしたが、20人くらい来るのかと思ったら、たったの4人。(5人だったかな?)

狭い会議室の部屋の隅には、意見を一言も逃すまいと議事録をとるスタッフがおり、少人数で和やかになりつつも、ちょっと緊張感のある感じでした。

しゃべりたいことはたくさんありましたが、まぁ程々に伝えられた感じでしょうか。
ドリライで自分が書いたコメントそのまま、他の人が自分の意見としてそっくり盗用したときはちょっとピキッときましたが・・・

メーカーの方と直接意見交換できるのはそうそう無い機会なので、とても有意義な座談会でした。


参加御礼のお土産はこちら



バイクが好きだステッカー、ドリライメモ帳、ドリライステッカー3種類、ドリライピンズ、写ってませんがバイクが好きだ缶バッヂ。

キラキラステッカーとメモ帳は使えるかも?

四国ツーリング 4/29 その4

室戸岬を過ぎ、地図を見て気になって脇の道に入っていくと、すぐに田園地帯が広がっていた。
うむ、これだからバイクのわき道より道はやめられないなあ。

透明度抜群の綺麗な川、古い橋の上で、田と山を眺めながらしばし休憩。




その後、主要道に戻って少し進むと、「鹿岡鼻の夫婦岩」があった。



浸食でできた形らしいが・・これはすごいな。



ズーーーム プチッ
ここでコンデジの電池が切れてしまった。
仕方ないので、あとのスナップショットはiPhoneに切り替え。

あとは特に観るところがわからず、今日の宿に向かって北上して走り続ける。
ただ走っているだけでも十分気持ちのいい土地だった。
仕事があったら四国に住みたいわ。

- - - - - - - - - - -

時間を忘れてまっすぐ走っていたら今日の宿泊地の美波町日和佐に着いてしまった。
まぁいいか。

ここはうみがめ産卵上陸地「大浜海岸」で、時季はもうちょっとあとになるが産卵見学もあるらしい。
しかし、産卵の季節以外でもうみがめが見られるという理由だけでここにした。

宿の名前も「うみがめ荘」
古そうな旅館で、昭和40~50年代くらいの感じをそのままにして営業している様子。
そういや昔の国民宿舎もこんな感じだったなあ。
って思ったらこの間まで国民宿舎だったそうな。



浜のすぐ近く、宿の隣に、「日和佐うみがめ博物館」というところがあり、うみがめをたくさん飼育していた。

恥ずかしながらうみがめを見るのは初めてで、まわりの子供と一緒になってキャッキャと見物してきた。



けっこう大きいな~



ときどき上がってきては鼻で「プヒュー」と息継ぎをしている。
けっこう頻度高いが、肺活量少ないんだろうか・・・。



- - - - - - - - - - -

東京に生まれ東京に住むと、自然体験は極めて少ない。
小さい頃は、地方の親戚の家に遊びに行くと、木登りもろくにできず、虫も魚も捕まえられず、同年代の子から「これだから東京モンは」「もやしっ子め」と毎回散々馬鹿にされた。実際、体も弱かった。
しかし親戚の家の畑で、土にまみれて畑仕事を手伝うようになってからは、みるみる丈夫になった。

大人になって自由に移動・行動できるようになると、今までできなかったことを取り戻すかのように、自然の中に入りこむ機会をたくさん増やしてきた。
そして、その土地の自然を直に体感しやすい移動手段としては、やはり車よりバイクのほうがいいと思う。

- - - - - - - - - - -

夕食は6時から。

四国に来てから初めて旅館っぽい食事になった(笑)
まぁ普通の内容だと思うけど、やっぱり海産物はうまいな。

常にできたてを運んでくるので、どれも温かくておいしかった。
写真の内容からさらに2品運ばれてきた。

20130429_32.jpg

食事中、隣のおっさんから「お遍路さんですか?」と訊かれた。
いや・・・自分のどこらへんがお遍路かと・・・これで2回目だな・・・

どうも、寡黙な雰囲気と坊主頭、地味な服装でそう見えるらしい。
最近はチャリ遍路やバイク遍路も増えてきてるという話だった。へえ。
次回はお遍路装備で行くか(笑)

- - - - - - - - - - -

駐車場で、定年退職で娘夫婦と旅行中という方がCB750を見つけて話しかけてきた。
おれも散々でかいバイクを乗り回してきたんだぞ、という話だったので、うんまぁこういうおじさんよくいるよなぁ(すんません)って感じで聞いていたら、次の話からその人に対する見方が変わった。

「で、家族には秘密なんだけどさ、このまえ陸王買ったんだよ」

な、なんですと!?

「当然動かないけど、これから直して乗るわ」
「住所電話教えるから、興味あったら今度見にきてよ。ほかにもバイクあるよ」

へ、へい、ありがとうございます(滝汗)
うーむ、本当に筋金入りの人だったのか。

住所を見ると四国の人だった。
次回行くときに、電話して寄ってみようと思う。

- - - - - - - - - - -

風呂は大浜海岸を見渡す展望浴場。

部屋に戻ったら、遠く聴こえる潮騒を聞きながら、すだち酎を飲み、うつらうつらしてゴロンと就寝。


ノーマル改サウンドは・・・

何かに似てると思ったら、等長等爆エキゾーストになったスバルのボクサーエンジンサウンドに似てるような気がする。
ドロドロ感は弱くて控えめながら、なにか病みつきになりそうな音。


プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。