CBF600N

ヨーロッパ向けの、この車種を日本に持ってこればいいのに。

リッターも要らないから中間排気量のちょうどいいやつおくれ、っていう若者からオッサンまで堅実に売れそうなんだけど。

CBF600N_1.jpg

CBF600N_3.jpg

CBF600N_2.jpg


そろそろモーターショー

ということで、今回もホンダさんサイト出してますね。

http://www.honda.co.jp/motorshow/2013/


はぁ・・・溜め息
ブーステーマを見て閉口

今回もそうなんですが、どうしてこうホンダのテーマとか文言って、いちいちイライラする幼稚な書き方するんだろうかと思います。
他には無いことやってる俺達って超カッケー、みたいな感覚で。

いやいやいや、散々後追い商法とか後出しジャンケンとか、枠に自分から入っていって、売っておいて実はダメでしたテヘペロみたいなことをやっておいて今さら何言ってんのー。とか、失笑を禁じえないんですが・・・。

あ、そうか、そういう過去すら忘れて見なかったことにする戦略だったのか!(笑)

車だったらフィットシリーズの欠陥を直してから物言えよとか、
バイクだったらそれっぽいガワで期待だけ持たせるのやめようよとか、

まぁ、それでも見ちゃうんですけどね、ホンダ・・・(笑)
スズキもがんばれ・・・

どう頑張っても主流になれないスバルを涙ちょちょ切れで応援するようなものだな・・・(汗)


車は知らないけど、ホンダのバイクの最先端は、自分には地雷臭しかしない。
枯れた技術をバランス良く絶妙に組みわせて優秀な車両を作ったほうがホンダらしく思える。
そのほうが長く愛されるでしょう。

ゼファーの後追いで、急遽、寄せ集めで作ったCB750が、実はものすごくバランス良く組まれていて、じわじわと美味しく味わえるようなスルメっぽいところがホンダ。(笑)

北海道ツーリング2013 網走番外地篇

●さて今年のツーリングのメインイベント

網走監獄!

嫁様
「網走監獄が見られれば、あとはどうでもいい。」


ここまで言い切る男気!

はは、すぐに案内しまするるる
幸いに天気も晴れまして、流石としか言いようがありませんな。

自分が以前に網走監獄に行ったのはもう20年近く前ですかねえ?
あの頃と基本は変わりませんが、ずいぶんと綺麗になったようです。
細かい電子装備も増えましたね。

20130811_01.jpg

20130811_02.jpg

ここは施設自体が博物館級なので当然当時のままの古いものも多く、大変に見ごたえがあります。

20130811_03.jpg

20130811_05.jpg

20130811_06.jpg

20130811_07.jpg

20130811_10.jpg


嫁様「風呂に入るわ。」
タオル持参でノリノリ(笑)

20130811_04.jpg


● で、その後の筋書きはというと

覗き・婦女暴行・結婚詐欺で逮捕(笑)

刑期は終身刑!!

20130811_17s.jpg


● 収監されてしまいました。
※本当に鍵がかかっています(笑)

20130811_14.jpg


部屋の窓から見える格子と景色がものすごく哀愁を誘います・・・
というか絶望的

20130811_16s.jpg


強制労働で畑仕事をし

20130811_09.jpg


仲間と一緒に臭い飯を食い

20130811_13.jpg


切り出しただけの丸太を枕にして、ぺったんこの冷たい布団で寝る生活

20130811_08.jpg


健さん、もう耐えきれません!

よっしゃ脱獄だ!!

20130811_15.jpg

ああ、やっぱりシャバの空気はいいぜ・・・


ということで嫁様絶対希望の網走監獄を堪能してきました。

20130811_18.jpg


北海道ツーリング2013 その5

● 8月10日
すっきりしない天気ですが、雨は止んだようです。
それにしても寒い!
女将としばらく話しこんだあとに出発。

宿の老犬がお見送り~

20130810_06.jpg


● まずは目の前のノシャップ岬へ・・・
天気悪くて何も見えんよ(泣)

20130810_01.jpg


● 次は防波堤ドームへ。
ここは天気は関係無さそうですが、やはり晴れてないと鬱々とした感じに・・・
周辺は観光地として綺麗に整備されてますが、人が少ないと寂しい雰囲気。

20130810_05.jpg

20130810_04.jpg


● 近くの稚内公園へ。
嫁様希望の稚内公園。

開基百年記念塔はこの有様。
何も見えん~
12年前に来た時と全く同じ状況って・・・

氷雪の門あたりでしばし休憩。

20130810_02.jpg


● 長~い宗谷湾を横切り、宗谷岬へ。

嫁様希望の最北端の地!!
寒くてテンション上がりません!!(笑)
やっぱり何も見えんわ~・・・

20130810_03.jpg

宗谷岬流氷館で流氷体験。
さらに寒いー

20130810_07.jpg

宗谷岬では、土産物をガサガサ買いこみます。

その後、宗谷丘陵を抜けていきましたが、ここも晴れていれば良い景色だったのに~という残念な感じでした。


● あとはひたすらサロマ湖に向かっていきます。
もう天気がずっと同じなので、走ってるだけです・・・

20130810_08.jpg

キツネが普通に民家でくつろいでました。

20130810_09.jpg

● 今日の宿は「さろまにあん」です。
宗谷以降は何もしないでまっすぐ向かったのにもかかわらず、どういうわけか、やはり時間がおしてしまい、到着したのは7時過ぎで、もう真っ暗でした。
くたびれてて写真撮ってません。

夕食はとても美味しくて量もたくさん。
宿主さんの人柄も良く、部屋は落ち着いており、ライダーの装備を気遣う設備もあり、良い宿でした。
次の機会にはもっとゆっくりしたいです。


その6へつづく。

北海道ツーリング2013 その4

● 8月9日
本日は稚内まで移動。
朝から雨が降りっぱなしで観光はひとつもできず、ただの移動で終わってしまった。

● 楽しみにしていた美深も全く駄目。

道の駅びふかで、初めて羊乳を飲んでみた。
独特の味だが意外とくさみは無く、すっきり飲める。
これなら2本目もいけそう。

20130809_01.jpg

雨のため、美深の景色は全く楽しむことはできなかった。
晴れていれば良い景色なんだろうなぁ。

観光地もいろいろあるらしいが、今日は無理だ・・・
残念無念・・・

20130809_02.jpg

ひたすら雨の中を進む。
結局、稚内に着くまで雨が止むことは無く、どこにも寄れなかった。
この絶望感は辛いわー。

● 稚内に到着すると、沿岸部まで鹿がたくさん出てきていた。
警戒心まるで無し(笑)
集団でのんびり動いているので轢きそうだなー。

20130809_03.jpg

そこらじゅうにたくさんいると、ありがたみがないな(笑)

10年くらい前に稚内を訪れたときはこんな状態じゃなかったような。
地元の人に聞くと、いつものことらしい。


● 今日の宿は、ノシャップ岬にある「燈(あかり)」
ネットの宿情報で見ただけで事前情報は全く無しだったけど、ここは当たりだった。

20130809_04.jpg

綺麗にまとまった清潔で居心地の良い部屋。
食事はこれでもかと海産物中心に出てきて、それらがみんな美味しい!
お腹一杯になるまで、次から次へと出てきます。

20130809_05.jpg

20130809_06.jpg

お手伝いさんはいるが、ほとんど女将が一人でまわしているらしく、すごいと思った。
食事に感動したあとは、提携している温泉施設へ連れてっていってもらった。

気さくで人の良い感じの女将としばし話しこんで楽しかったです。
次に稚内に来るときには、またここに泊まろうと思います。


その5につづく。

北海道ツーリング2013 その3

● 小樽から札幌経由で上富良野へ向かいます。
早朝から移動するので、どう考えても十分早く着くはず・・・はずだった・・・

小樽を出発して早々インカムに通信が入る。

嫁様「眠い。寝かせろ。」

えー!?もう?!
嫁様の運転の挙動がおかしい。
既に寝ている(滝汗)
嫁様ダウン1回目

●札幌で休憩。
もちろん目的は「雪印パーラー」
嫁様はこれが無いと怒り狂います(たぶん)
あと、眠い人に元気の素を与えないといけないので・・・

20130808_10.jpg

しかしここに到着したのが開店1時間半前。
開店まで待たないといけません。
近くの路地にバイクを止めて待ちます。

嫁様「眠い。寝かせろ。」

嫁様ダウン2回目

● 雪印パーラーが開店しました。
深層世界に行ってしまった嫁様を呼び戻して入店。

ん~いいねえ~
20130808_11.jpg

自分より嫁様に喜んでもらうのが先なので、自分は半分食べて、あとはもりもり食べてもらいました。


● 雪印パーラーで回復したあとは、一路、上富良野へ向かいます。
気温がどんどん上がってきます。けっこう暑い・・・

CB1100がストーブ状態なので嫁様がバテてしまいました。
岩見沢で休憩。

嫁様「暑い。寝かせろ。」

嫁様ダウン3回目
どうもペースが上がりませんね・・・

20130808_12.jpg

ん?この走行距離数、どう読むんだろう??(汗)

20130808_13.jpg


● お昼が近かったので、近所の食事処を検索したら、「スープカレー木多郎」があったので、そこに行くことにしました。
この公園から2キロ先でした。

スープカレー木多郎は、レトルトでしか食べたことがなかったのですが、まさか北海道の店舗に寄るとは思わなかったです。
店内はとても落ち着いた雰囲気で、料理も目の前のキッチンで注文してから作ってくれるので、とても良い感じでした。
メニューもけっこう多い気がします。
カレーは辛さ調節ができるので、一番辛くないものにしてもらいました。

20130808_14.jpg

おおお!これはうまい!
レトルトとは比べ物にならないです!
肉や具材は柔らかく、スープは濃い感じがしますがしつこくなく、比較的すっきり飲めます。
なにより、注文してから調理しているので、できたてのおいしさがたまりませんね。

20130808_15.jpg

ごちそうさまでした。


● 岩見沢から富良野方面へ向かいます。
富良野との距離が縮まるにつれて天候が回復し、良い感じです!

20130808_16.jpg

20130808_17.jpg

20130808_18.jpg

さあ、このペースでどーんと行っ

嫁様「眠い!寝かせろ!」


20130808_19.jpg
嫁様ダウン4回目

えええーーー!

仕方ないので、寝ている間、周辺の撮影をしてました。

20130808_20.jpg

20130808_21.jpg

20130808_22.jpg

20130808_23.jpg

あのう・・・
そろそろ夕方になってしまうんですが・・・

● 恐る恐る起こして再出発。
さあ、もう余裕がありません。
一刻も早く、本日の宿に到着しなければなりません。
観光時間は全部削ってしまったので、あとはもう走るだけです。


● ということで、日のあるうちに宿に到着できました。
とほ宿「旅の途中」です。いつもお世話になっております。

20130808_24R.jpg


ご主人に、約束の品を上納しました。
レガシィのラリーモデルです。とても喜んでいただけました。
居間のコレクションに追加されました。

20130808_26.jpg

お風呂は近所の温泉「フラヌイ温泉」に行ってきました。
嫁様と薄着タンデムで爽やかに往復です。
特に風呂上りは風が気持ちいい~

20130808_25.jpg


その4につづく。

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh