ちょい乗り続き

● 結局この連休中も乗れなかった。
そこそこ防寒装備を準備していたのに・・・・

2週間乗れてないので、せめて火を入れておこうと、夜に近所をまわった。
寒くなってきたのでさすがにチョーク要りますが、1発でかかったので調子が良いです。
エンジンが本調子になってきた3周目で終了。

前にも書きましたが、良い意味で、ホンダビジネス車っぽい(イメージとしてはCDシリーズあたり?)の絶妙な乗りやすさになったので、2週間空いていても、すぐに脳内の想像通りに車体を動かすことができて、ちょっと感動した。
FTRなのに、乗りだしたらベンリィのような・・・・CD223?(笑)
それに18インチタイヤは安心感が大きくて好きです。

同時に防寒装備の効果も確認。
首と名のつく場所の防寒を固めました。
特にグローブは、今まで使ったどのグローブよりも暖かいのに感激。
GOLDWIN製品は流石!暖かい~

GOLDWIN リアルライドウインターグローブ
スマホタッチ、ワイパーつき
GSM16456_KR.jpg

これでもGOLDWINのなかでは安い部類のグローブなんだけど、全然違うわ。
やはり値段とメーカー相応か・・・

インナーは今あるものでなんとかなりそうなので、あとはオーバーパンツか。
オーバーパンツが無いと、10度以下の気温は耐えられそうにない・・・。
行きたい山間部は、今はもう最低気温が3度~なので、早めになんとかしたいところ。

しかしなんでこれからのクソ寒い時期に乗ろうとするんだろうね(笑)
マイペースで乗って走って、いい景色見て、ついでに美味いものが食えたら、ちょっと寒くても幸せだからね。
ツーリングライダーなんでしょう。

おやきとか五平餅とか食いたいな・・・
ぬくぬくしながら・・・
じゅるる


● フレームの塗装剥げをタッチアップ
極薄塗装技術でコストダウンとか言ってますが困るんですよね。
薄すぎて、すぐ剥げたり錆びたりする。もっとしっかり厚塗りしてくださいよ・・・
特に溶接の繋ぎ目あたりがすぐにペリペリいくか、早い時期に錆が発生。
案の定、新しい年式の極上車であったのにもかかわらずフレーム塗装の一部が剥げて錆びてました。
後回しにしてましたが、時間があったのでペタペタやりました。
錆び予防に、水のたまりやすい場所にも塗装を重ね塗り。

シガーソケット電源を設置

出かけるときには必需品となった電源。
今回はシガーソケット電源を設置します。
CB750に使っていたものを移設します。
CBは空間がそれなりに大きかったので問題なかったのですが、FTRの余剰空間はほぼ皆無といったところで厳しい。

そこで、純正ツールボックスを加工して収納することにしました。
外見重視の人はすぐに取り外してしまうツールボックスですが、せっかくついてるんだし、あってもいいんじゃないの~と思って、そのままにしておいてよかったです。
蓋には一応、鍵もついてますからね。

20141107_1.jpg


電源はサブヒューズからとります。
メインキーの電源オンオフと連動できます。
ここに、ヒューズから電源をとる中間アダプタみたいなのをかませるだけです。
ヒューズはその中間アダプタに移設します。
ヒューズの上のカバーには若干切れ込みを入れて、そこに線を通せば、またカバーできるようになるのでスマートです。

20141107_2.jpg


ツールボックスを小加工して穴をあけて配線を通し、シガーソケット電源を入れます。
カーナビの電源と、USB電源がスッポリ入りました。
緩衝材としてスポンジを突っ込んでおきます。
あけた穴はビニールテープで塞ぎ、水が入らないようにします。

20141107_3.jpg


問題なく通電するのを確認して、作業完了です。

20141107_4.jpg

ここのUSB電源は、充電対象機器を中に入れて充電して使おうと思います。
入らなかったら、別途外付けUSB電源を備えるか、収納容器の増設かなあ。

便利装備、ちまちま追加中

● ウインカーステー取り付け
といってもウインカーつけるわけじゃありません。
ツーリングネット等を引っかける場所を少しでも増やしておきたいからです。
FTRは引っかける場所が少ない上に、グラブバーのせいで貴重な2本分が使いにくくなってしまったので。

20141105_2.jpg


● レバーゴム装着
これ探してたんですけど、ちっとも見つからなくて。
結局、通販で買いました。高い・・・
ちなみにヨンフォア用らしいです。つけばいいです。(笑)
あっちこっちぶつけてしまったときに、相手方を傷つけることがなくなるので安心です。

20141105_3.jpg


● ブレーキフルード交換
管理するときに不便なので、いつのだかわからない液体は交換するようにしています。
FTRはキャリパー1個で容量も少ないので、ショップでやってもらったほうが早くて簡単です。
工賃も2,800円と、そう高いものではありません。
フルード缶買ってもだいぶ余るし、こぼれ対策や後片付けも面倒なので(笑)

20141105_1.jpg


冊子入荷

⚫︎FTRのサービスマニュアルとパーツリストが入荷。
これで安心して整備が進められます。



サービスマニュアルはCB223Sと共通になっていました。将来CB223Sが導入された場合には買い足さなくてもよいので助かりますね。


⚫︎バイク冬装備
写真にも写りましたが、まともな冬装備をようやく買いはじめているところです。

今まで冬ジャケットなどいくつか買っていましたが、実際には着込んでも寒い製品が多くてげんなり。結局、作業防寒具などでしのいでいました(笑)

GOLDWINを中心に揃えたいのですが、流石に高いので、ジャケット以外のグローブ、補助製品だけになりそうです...

シートのアンコ盛り

(11/5 追記)

ちょうど時間が空いたので、サゴウ工芸さんに電話してFTRのシートをアンコ盛りしてきました!
サゴウ工芸さんに依頼するのはこれが2回目。
安くて早くて丁寧確実!

電話で問い合わせ、空いているのを確認して伺います。
こうしたいという希望や、現状の不満は、現場ですべて簡潔にわかりやすく伝えると話が早いです。
また、シートの脱着は自分でやらないといけないので、必要な工具はすべて持参します。

到着したら丁寧に依頼し、車両とシートを見せる。
いろいろ評価が下ったが、要約すると、
「このシートだめだね」(笑)
メーカーがコスト削減や妥協と戦いながら一生懸命作ったシートも、この道40年の職人には一瞬で切って捨てられます(笑)
だめなものはだめなんですねえ・・・

ということで、改善希望は

・とにかくクッション性を良くしたい
・運転中にすぐ前にずり下がるのを防止したい
・シートを厚くして着座位置を上げ、足が窮屈にならないようにしたい

そして鼻歌交じりで作業開始~

こりゃだめだって部分をバッサバッサ切り捨て、新しいスポンジを手際良く詰めて仕上げていきます。
最後は純正の表皮をかぶせ直すんですが、
「こんな(針の)打ち方しやがってぇ~!」と、針を全部引っこ抜いて打ち直してました(笑)
そんなに工場出荷のシートは仕上がり悪いんだろうか・・・・

で、わずか1時間で完成!
少しむっちりしましたね。

20141104_s2.jpg

beforeの写真が無くてすいません・・・
ホンダの写真と比較してみてください。

pht_color_04.jpg

20141104_s1.jpg

ちょっとわかりづらいですが、シート先端をけっこう盛ってあり、そこから尻にかけての下り線はノーマルよりなだらかになっています。
また、尻を包みこむように2層くらい盛っています。
これによって、着座点を通常より後ろにしやすくなり、さらに少し上がったので、より自然な運転姿勢にすることができます。
また、吸収しきれない下からの衝撃も緩和され、「ぐはっ!」ってなることも減りました。
純正のイメージを損なわずにシートを改善できたので良かったです。


11/5 追記
尻荷重しやすく、駆動力がわかりやすくなった。
ニーグリップしやすくなって、直進安定性、コーナーリングの安定性が格段に向上。
すこぶる乗りやすくなったので成功です。

シートのアンコ盛りするか、厚いシートをつけるか。

今朝、FTRのシートをアンコ盛りする夢を見た...
こういうのは大抵、近いうちに実行する夢なので、たぶんなにかしらシート改良をすると思う。
快適に長時間走るにはシート厚が必要なので...
リヤサスが貧弱な分はシート改良で補助したほうが早道かなあ。


プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh