スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアクリ吸入口の障害物を撤去

味気ないから吸排気の制限を取っ払ってしまえという、なんとも短絡的なお話。
排気の制限は撤去してしまいましたんで、今度は吸気のほうで。
そういや直管でエンジンかけましたが、サイレンサーの前の触媒だけでも、だいぶ音量下がるんですね。

サイドカバーをあけてエアクリと吸気口を探す。
ハーネスやら謎の部品やらがワラワラと生い茂っていて、もう面倒くさいったら。
奥まってて良くわからないから探さなきゃいけない時点で何かおかしいだろ(笑)
せっかくの空冷ネイキッドなんだからもっとシンプルに作りやがれ~!
CB750はとてもシンプルで良かったのになぁ。
余計な装備品が多すぎ。

配線をかきわけてカバーに辿り着いた。
なにやら排気デバイスと同じようなものがくっついてる。
エアクリの蓋にこんなもんついていのか。邪魔くさ!
キャンセルキャンセル~

20141223_1.jpg


蓋をとめているビスを外すのが面倒臭いなんて初めて。
しかも蓋を開けるのにコツがいる。
整備性悪すぎ!
開けてみると、1100ccに相応しい大型のエアクリーナーエレメントが。
ちょっち汚いなー。

20141223_2.jpg


で、肝心の吸気口はというと。
上下段で吸入量を変えて制限してるみたい。
上の段は元の大きさをさらに狭めるようなものがくっついてる。
たぶん国内仕様なんだろう。

20141223_3.jpg

邪魔なので撤去。

20141223_4.jpg

制限無く吸気できるようにしたら組み付けてエンジンかけてみる。
排気の勢いが良くなったというか、音量がちょっと上がった。
時間ができたら試乗してみよう。

サイレンサーはチタン管を装着。
軽さはピカイチで、全く邪魔にならない大きさ。
VFバンス改はちょっと張り出しがきつかった。

20141223_5.jpg

次回、試乗して感触を確かめたい。

スポンサーサイト

サイレンサーいろいろ

社外マフラーメーカーの、CB1100用スリップオンマフラーの取説を見ると、どれも、排気デバイスのワイヤーを外すとともに、それにくっついている謎のユニットを外すとなっている。

追記
勘違いでした。
しかし外したほうが良さそうな感じです。なんとかダイヤフラムという名前らしいです。
また、吸気側にも蓋が追加されてるみたいなんで、後で外して、吸気排気ともにノーマル全開仕様にしたいと思います。



これだなー。これが戦犯かなー?
外したから、あとで試乗してみるかな。

20141220_1.jpg


うちにあるサイレンサーをいろいろ付け替えて遊んでみる(笑)

チタン管~
これは、ワイルドというかレーシーというか、そんな音がする。
ナナハンよりだいぶ排気量があるので、その分、迫力が違う。

20141220_2.jpg


レオビンチ管
うまくつけられない。変な角度になってしまう(汗)
これは割と上品な音がするなあ。

20141220_3.jpg


で、結局元のVFバンス改に戻す。

20141220_4.jpg

チタン管が1番きれいにまとまって装着できるので、チタン管を装着できるようにパイプを作ってみようと思う。
VFバンス管は嫁様から苦情が出なかったので、割と良いほうなんじゃないかと思う。
ある程度好きにできるとはいえ、好みから逸脱した方向性にはできないので、毎度許可を取ることが必要だ。

仕事RIDE

ほとんど放置されているCB1100を少しでも動かすため、仕事で出動。
50kmほど走行。

まず軽量化のおかげで扱いがとても快適になった。
CB750の場合は、軽量化すると次々にバランスを崩すため、軽量化は御法度だったが、CB1100は意外にもバランスを大きく崩さず、直進安定性、低速安定性も問題無かった。
元から動きが重たい車両のため、だいぶヒラヒラ動くようになった。

軽量化したのでひとまずタイヤ空気圧をコンマ1抜いておいたが、これが正解で、乗りやすさに繋がった。
タイヤの摩耗や硬化が進んでいるため、安全・安定した走行のためには交換しておきたいところ。

VF純正バンス改は、サウンドが素晴らしい!
バイクというより、昔の古~いスポーツカーみたい。
低回転から3速4速と繋いで、排気量にモノ言わせて加速していくと、ズヴォヴォゴババアとワイルドな音で走ってくれます。
これは走るのが楽しい。
アイドリングもバス!バス!バス!と重低音効いてる。

しかし2000~3000回転で走るとガス欠のような感じでグズるのはなんでだろう・・・
排気デバイスをポイしたのと関係あるのかな。要調査。

しかしシートがペッタンコでクソ。マジでクソ。うんこうんこ。
CB750みたいに、倍の厚みでコシのあるフカフカシートにしてくれや。
最近のペッタンコシートの風潮は本当に嫌い。硬いし乗り味も悪い。

ひとまず軽量化に成功。
以後も改良を進めて行く予定。

軽量化

CB1100を託されましたので本日より行動開始です。
まずは嫁様の希望であった軽量化です。
これはもう純正マフラーとセンスタを撤去するしかありません。

外気温2度の夜間作業で、ちべたーい、さぶーい

さて、まずは見るからにクソ重たそうなノーマルマフラーを取り外します。

20141217_1.jpg


このころのモデルはサイレンサーに排気制御弁がついていて、そのワイヤーを外すのがとにかく面倒!
30分ほど格闘してようやくサイレンサーを外せました。

20141217_2.jpg

サイレンサーと一緒にセンスタも外してやったわ!
なんとこれだけで計7キロ以上も軽量化。
積年の恨みを晴らしたぜ!ざまあみろ!(笑)

20141217_4.jpg

CB1100がCB750のように軽くなってきました。
うむ、よいぞよいぞ~


こういうふうに分離できて、差し込み口があると、カスタムが楽でいいです。
しかし錆びてるなあ・・・

20141217_3.jpg

んん?
どこかで見た太さだな・・・・
もしかして・・・

ああ、やっぱり!

VF750Fの純正サイレンサー改がポン付け!(笑)

20141217_5.jpg

うおお 渋いわあ。

20141217_6.jpg

音は?

キュボッ
ヴォヴォヴォヴォ!
ボバババアア!
ズバーー!

ノーマルの音を荒々しくした感じ。
音量はまぁまぁ、うるさすぎない。
元々FI制御で綺麗に調律されているため、音に乱れが無いのでやや上品。
サイレンサーは触媒の後方にあるので、サイレンサーを交換しても浄化の状態が変わらないのが良いです。


ひとまず今日はここまで。
軽くなった車両と相談しながら、趣味的で楽しく快適な感じにしていこうかと。
できるだけ手持ちの部品も活用。
基本整備も忘れずに・・・

どうなるCB1100??

CB1100 嫁様号

嫁様
「もう乗ることはほとんど無いが、所有だけはしていたい。」
「でも乗らないんじゃーいろいろもったいねーべや。」
「だからオメーが乗ってくれや。」

そうっすかー。むう。
でもノーマルのCB1100は好きじゃないんですけど?

嫁様
イジるのを許可する。

マジっすか!
マフラーとかハンドルとかいろいろ変えていいんすか?

嫁様
許可する。

うおお!
ここにきて、まさかの展開!

嫁様
大型の感触を忘れるなよ

はっ、ありがたき幸せにござりまするー。


さて、このCBどういじってくれよう。
好きにしていいらしいが、さすがに原形くらいはとどめておかないとまずいだろうし。

性能を落として扱いやすさを確保かな。
トルクありすぎで乗りにくいし、高回転が重いし。

マフラーをバラチョンにするか。
じゃなかったらショート管かなー。

あとは個人的な乗りやすさと乗り味だなー。
ノーマルシートはひでぇウンコだし。
シートは絶対変えよう。

サスが硬すぎるから柔らかくしたいけど、金かかるから我慢かなー。


と、いろいろ妄想にふけっております・・・・


ジャケット購入

冬バイクウエアの買い物はひとまず完了。
気になっていたGOLDWINのジャケットを買いました。

GOLDWIN
リアルライド・ロングジャケット
GSM12459
Lサイズ



持った瞬間、軽い!
中綿も薄いし、これで大丈夫なのか?と心配してしまう。
オフィシャルサイトによると、前側からの冷気をかなり防ぎ、保温性も高いらしいが...

ジャケットの各所は扱いやすさに気を使った親切なつくりで、初めてでも悩むことなくすんなり着ることができた。複雑なところは全く無い。

前ファスナーの部分は、徹底的に風や水が入らないようになっていて驚いた。
ファスナーの上に折り返し付きの1枚を被せ、さらにもう1枚上から被せるという念の入りよう。

ロングジャケットという名の通り、腰はもちろん、お尻まですっぽり被るので暖かい。

腰の調節紐で、腰上あたりをぎゅっと閉じて締めることができるので、風の巻き込みによる冷気の侵入の心配は無さそう。

腹まで覆える同社オーバーパンツがあるので、たぶん今まで買ったどのウエアよりも最強になるに違いない。

寒くなってからはバイクに乗れなかったけど、これでようやく冬場でも走れるようになったかな。

近いうちに走りに出て、どんな具合か、みてみよう。

それにしても今月は買い物しすぎてキッツイ(汗)


プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。