スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドライトとメーター位置

社外品のバーハンドルキットとライトステーが最初から装着されていて、メーターとライトの位置が変だったので、純正ライトステーを手に入れたので純正位置に戻す作業です。

純正品は、ライトステーとメーターステーが一体なので、構成部品の位置関係から考えても、できれば純正バランスを崩したくない。

確認作業を始めてみると...

うーん
なにかがおかしいぞ...?

あっ?

おいおい
純正メーターステーをぶった切って無理矢理くっつけていたのか!



いやーもー
こういうのはやめちくりー!

数少ない純正になんてもったいないことを~
これこそホームセンターで汎用ステー買えば済む話なのに、なにやってんだこいつは。

純正メーターステーを取り付けて、位置を最適化。




ついでにホークを仮付け。



今夜のうちにフロントまわりを組み上げてしまおうと思ったら、雨が...
むう。また次回。


スポンサーサイト

FブレーキキャリパーOH

純正Fブレーキキャリパー
やはり最初は純正に戻したいものです。
同じくゴミみたいな値段で入手したものをOHしました。
本体とピストンが綺麗なので最安で復旧できます。

まずバラバラにして清掃。




ホースは分岐後のものを新しくするので、分岐コネクタを清掃。
ゲル状のフルードだか錆みたいなのが溜まってます。



徹底洗浄。
なんかたくさん出てきたー!




分解したキャリパーを塗装。
ちょっと失敗したけどまあいいや(笑)




組み立てです。
キャリパー固定ボルト以外は純正部品が出ました。
逆に、固定ボルトくらいは純正で残しておいてほしいもんだけど。
仕方ないのであとで代替ボルト探します。




ピストンに保護ブーツを被せる仕組みを初めて見ました。豪華装備だ。




スライドピンが片方だけゴム付きなのも初めて見ました。なんででしょうね。




いつもの赤パッドを組み込んでキャリパーOH完了です。



次はホーク取り付け、ブレーキライン設置などなど。

夜戦

照明と暖房完備で作業。

キャリパーOH
手強い...




ヘッドライトステー
ゴミみたいに安いのを手に入れて磨いて塗装。




仕事が捗る

黒テッチンにしてから本当に仕事が捗るようになりました。
走るの疲れた、だるい、という苦行が、もう少し行けそうだから走ってしまうか、になったのです。
費用効果の高いカスタムで大満足。





テッチンホイールは実用重視でもう少し見直されるべき。
材料も工程も環境破壊もゴミも値段もアルミより少ない。
ついでにホイールキャップとかいう高いだけのゴミも減らしたらいいと思う。


Fブレーキャリパー、エアクリボックス入手

ホークまわりが進められないので別の作業を進めます。


純正フロントブレーキキャリパーの中古品を入手。
キャリパー本体は綺麗なんですが各所が錆びて固着しまくりです。

最初の分解から一苦労です。

20160224_1.jpg


中はヘドロみたいになってました。
こりゃー隅々まで清掃しないとイカン。

20160224_2.jpg


ピストンが専用工具では抜けず、ピストンに布を当て、プライヤーで注意しながら引っこ抜きました。
そしたらピストンがなんと綺麗なこと!
磨かなくてもすぐに使えそうです。

20160224_3.jpg

本体とピストンが綺麗なのは助かりました。
新品で買ったらこれが一番高い部品ですし。
周辺の部品もまだまだ純正で出ますね。



次に、エアクリーナーボックスも入手。
やはりパワーフィルター仕様だと心配なので、エアクリーナーボックスが欲しいですね。
長距離ツーリングでも安心して走れることが目標ですから。

オクで探しても部品が完璧に揃ってるものが無いので、実はニコイチです(笑)

20160224_4.jpg

本体の汚れをしっかり落とし、ピカピカに磨きました。
ゴム部分も状態の良いものを選別。バンドは歪みを直し、磨いて装着。

20160224_5.jpg


エレメントは互換品ですが新品を用意。
写真下の固定金具が廃番になっています。これが無いと固定できないので困ります。

20160224_6.jpg

エレメントを装着し、エアクリーナーボックスの準備完了。

20160224_7.jpg

あとは実際に装着するときに、必要に応じて配管を用意するだけです。

黒テッチン最高。

R2に純正鉄ホイールを履かせて一般道、高速道ともに走りましたが、乗り心地が予想以上に良かったです。
純正アルミホイールの硬い乗り心地ばかり味わってきたので感動しました。

20160224.jpg

まず、走りがしなやかです。サスを調整したのかと思うくらいです。
アルミ特有のゴツゴツした振動が無くなったので、人と車体に優しい感じです。
路面の継ぎ目などもトスッと乗り越えてくれます。
全てにおいて1クッションおいている感じなので駆動力の感触は薄くなりましたが、全面的に乗り心地が快適になったので疲れにくく、メリットのほうが多いでしょう。
走り回るのが楽しくなりますね。

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。