スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング 2007

ダイジェストでお送りしております北海道ツーリングです。

だいぶ旅慣れてきましたので、原付でも行けるんじゃね?ってことでエイプ100で渡道しました。
燃料タンクが5リッターしかない原付2種MTバイクで北海道を走れるのか挑戦することに。
一歩間違えば山でガス欠して遭難ですが、そのスリルも楽しそうだったので(笑)

高速道路を使えないので、一般道で大洗港まで行くのも相当時間かかって、最初からくじけそうになりました(笑)


で、上陸しました。
いつもの日高コースで十勝方面へ向かいます。

H2007_01.jpg

日数も時間も限られているので原付2種だと移動距離に限界があると思い、宿泊地点も少なく絞っておきました。

H2007_02.jpg

H2007_03.jpg

H2007_04.jpg

H2007_05.jpg

H2007_06.jpg

H2007_07.jpg

エイプ100での移動は思ったより順調でした。
速度自体は100キロ近くまで出せるので、動力性能的には北海道の通常巡行の速度域に十分ついていけるんですよね。
だいたい70キロで流していれば煽られることはありません。
そんなペースでも燃費はリッター40は確実にいくので、給油地点さえ逃さなければ意外と大丈夫でした。

H2007_08.jpg


上から見るとハート型に見えるという秘境の湖、豊似湖に向かうことにしました。

H2007_09.jpg


道中に砂利や川や泥もありましたが、エイプならへっちゃらです。
どんなに走りにくくても、すぐに足がつくし、軽すぎてスイスイ押して行けるし、どんな奥地にでも潜り込んで行ける安心感がありました。

H2007_10.jpg


豊似湖入口に到着。
ここから先は徒歩で向かいます。
静寂に包まれた森林です・・・誰もいません。
鹿などの動物や鳥の鳴き声が、遠くに聞こえるだけです。
熊がけっこう出るそうなので一応用心はしました。

H2007_11.jpg


10分くらいかな、しばらく歩いたら、人がほとんど踏み入れないのは間違いない雰囲気の、そこだけぽっかりと穴が空いたような綺麗な湖が見えてきました。

H2007_12.jpg

とても静かで、神秘的でした。
すっかり気に入ってしまい、しばらくぼーっと眺めたり、気が済むまで撮影しました。

H2007_13.jpg


さーて宿に向かうぞ。

H2007_14.jpg

H2007_15.jpg


ということで今年もセキレイ舘ですニャ。

H2007_16.jpg


翌日、オフロードツアーに連れていってもらいました。
ランツァを借りました。
すごいパワーと速さでビビリました。でも走りやすさは抜群!

H2007_17.jpg

定番の湧洞の丘めぐり。気持ちいい~

H2007_18.jpg

H2007_19.jpg


上富良野の宿、「旅の途中」を紹介してもらったので、そこに行くことにしました。


狩勝峠だったかな。

H2007_20.jpg

さすがに峠道で100㏄は辛い!
登りは全開走行でなんとか70キロは出ますがそれ以上出ません。
全開にしつつ左に寄り、車の邪魔をしないようにしていれば大丈夫です。


無事に宿に到着!
早めに着いたので、宿主にご挨拶して、観光ポイントを教えてもらい、夕飯までツーリング。

H2007_21.jpg


ド定番のジェットコースターの道。

H2007_22.jpg

H2007_23.jpg


この当時はまだ秘境だった青い池を教えてもらいました。
小雨が降っていましたが、すごく綺麗な青をしていました。
(この数年後、観光地として整備されると、間もなく大陸の人が多数押し寄せて残念な光景に・・・)

H2007_24.jpg

H2007_25.jpg


ご主人の長年の相棒、ZX-10を見せてもらいました。

H2007_26.jpg

もともと整備士の方なので、ビカビカに綺麗に維持されていて感動しました。
こんなにかっこいいZX-10は見たことない。
1台を大事に乗り続けるとはこういうことだと痛く胸に刺さりましたが、自分には到底できないことだと悲しくなりました(笑)

H2007_27.jpg


おかげさまで上富良野の道中も楽しく過ごすことができました。
この宿も、ほぼ毎年寄ることになりました。

H2007_28.jpg


日にちがないので、またセキレイ舘に戻ることに。

H2007_29.jpg

H2007_30.jpg

順調順調・・・
と思っていたら、突然右足の太ももに、今まで経験したことのない激痛が!!
視界が一瞬揺らぎ、思考が停止しました。

?!?!?!

あ、あ、
なんかデカイ蜂が足を刺しとる!!!!
ブッスリと!!!!


足がガクついてうまく動きません。
これはまずいかも・・・

運良く、15キロほど走ったところに町があり、ガソリンスタンドで診療所の場所を聞いて直行。

医者「あー、蜂ですね。」
そんなんわかっとるわ!!(笑)
医者「塗り薬で大丈夫ですね。」
え?そうなの?
ヌリヌリ
・・・・・・

休憩して痛みが少し引いたところで出発しましたが、すでに夕方。
宿の夕飯には到底間に合わない時間になってしまいました。

H2007_31.jpg

到着遅れますと連絡を入れてから、頑張って走りましたが・・・・

H2007_32.jpg

日は暮れて・・・
とうとう夜になってしまいました(泣)

さあ、ついに遭難予備軍コースです!
本気で真っ暗です!
ありきたりの主要道が嫌で、小さな脇道ばっかり走ってたのが災いしましたね。
カーナビなんて持ってません!道がわかりません!
一瞬の月明りでしか周りが見えません!
エイプのヘッドライトは夜間はものすごく暗いです。役に立ちませんでした。

まずは月の位置と時間を確認して、だいたいの方角を確認します。気休めに風向きなど。
進む方向を決めてから、番号のある道路に出るまでひたすら直進。
ときどき出てくる分岐路は勘だけで決めます。

番号つきだけど知らない道に出ては方角を決めてを3回ほど繰り返し、ようやく知ってる主要道に出ました。
幸いにも方角はほとんど間違えていませんでした。俺すげー。

ということで夕飯定刻から1時間半くらい遅れて宿に到着しました。
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。


翌日はもう苫小牧に帰るだけです。
途中で古代の住居跡などをぶらり見学。

H2007_34.jpg

途中トラブルありましたが、それも含めて楽しい行程でした。

H2007_35.jpg




Comment

2017.05.15 Mon 00:34  |  

プチ遭難していたんですね。やっぱナビは必要ですよね。見知らぬ土地に行くには。

  • #-
  • OT
  • URL

2017.05.15 Mon 01:34  |  Re:

ナビあれば便利ですけど、なくても、詳細な地図冊子と、簡易案内地図、観光地図さえあれはどうにかなりますよ。
土地の位置関係と距離を、覚えておくと早いです。

  • #-
  • akizoh
  • URL

2017.05.15 Mon 23:15  |  

うう、北海道行きたい。

  • #-
  • OT
  • URL

2017.05.16 Tue 20:20  |  Re: タイトルなし

もう行くしかないでしょう。
2000年頃と比べたらだいぶ走る環境は良くなりましたよ。

  • #-
  • Akizoh
  • URL

2017.05.16 Tue 23:07  |  フェリー&原付2種

フェリー&大型バイク、フェリー&四輪、飛行機&レンタカー。
色々やりましたが、移動手段にはやっぱりフェリー&原付2種が好きですねぇ。
ナビなんか不要なほど渡道しているせいか、道内バビューンは面白く無い!!
のんびりトコトコと行きたいですね~。
夏以外は寒いのでバイクはパスなのですが、フェリーの夏料金は高過ぎですよね。その昔は通年同一料金だったのに・・・。
2010年に某記念として夏にバイクで行きましたが、その後は夏に渡道していません。夏にまた行きたいなぁ。
http://gin-en-shokai.com/hokkaidou2010.htm

  • #0yPYL1P6
  • Biogon
  • URL
  • Edit

2017.05.17 Wed 00:33  |  Re: フェリー&原付2種

のんびりトコトコ大賛成ですね。
夏にレンタルバイクで原付2種借りて行くのも良さそうです。
フェリーの夏料金はすぐにどうにかしてほしいくらい高いですね、あれは本当に困ります。
距離と時間かかってでも新日本海フェリーのほうが安いので、できれば商船三井フェリーは使いたくないですが。

  • #-
  • Akizoh
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。