CB750F 復活(2回目)

バッテリーを満充電にして再びスターティングモーターを回すと、すごい勢いでキュルキュル回るもののエンジンは全く反応なし。
点火系に問題でもあるのかなあ・・・

とりあえず、簡単なところからトラブルシューティングしてみる
1、バッテリーが悪い
2、ガソリンが悪い

バッテリーはさっき充電したからしばらくは持つとして、次のガソリンに着目。
車検前に新鮮なガソリンを入れたけどまだ古いのが残っているのかもしれない。
ガソリン容器を出してきて、キャブ下のドレンにチューブをつないで排出。

・・・・・
・・・
ガソリンが黄色い!!(汗)

はい、劣化ガソリンが大きな原因で決定!

これはまずい。こんなのでまともにエンジンかかるわけがありません。
車検時にエンジンかかっていたのは一体どうして・・・?

タンクのコックをリザーブにして、下に溜まっているであろうガソリンを5Lくらい抜きました。
その後、タンクを大きく揺らしてさらに抜いてみた。
ガソリンは半分以下に・・・

キャブに繋ぎ直して車体を揺らし、キャブにガソリンを流し込んでスタータースイッチを押すと、あっさりエンジンスタート。
ああ~ ガソリンだったか~
ご心配いただいた皆様ありがとうございました。エンジンかかりました。

さてバッテリーの様子はどうなん?
Optimate君 「あ、ちょっとヤバイっす。 \/ピコーン」
マジっすか。

ガソリンとバッテリー両方だめだったんか・・・
一度上がったバッテリーは、どのみち交換しなきゃいかんってことですね。
また新しく用意します。

次回は発電具合の調査をしたいです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh