始動性、回復

一番の問題である始動性を回復するために改めてキャブまわりの脱着と確認をしました。



まず簡単なところからプラグ確認。
プラグはかぶっておらず、ほとんど均等に焼けていました。
ということは、プラグかぶりと着火不良の線は消えたと思う。
念のためプラグを新品に交換。

次に、キャブレターの前後をつなぐインシュレーターとコネクティングチューブが半分ほど抜けかかってました。
これだけでも余計なエアーを吸って不調になるのは目に見えていますね・・・
根本までぶっすり差し込んでバンドで固定。
この作業かなり大変。1時間くらいかかって汗だく。

あとはチョークケーブル先端の太鼓がキャブから外れてました。
どうりでチョークケーブル引いても何も反応しないわけだ(笑)
改めて太鼓をはめて動作確認。
なんかこれ構造的にまた外れそうだな・・・。

ガソリンOK
プラグ新品
各接続確認OK
バッテリー充電OK

自分の予想が合っていれば、これでだいぶ始動性が回復する。
前回の始動から数日経っているので、改善されていなければ悪化したままのはずです。

チョークを少しだけ引いてスターターモーターを動かしてみると、勢いよくモーターが回り、すぐにエンジンがかかりました!
以前はこの段階でアクセルを少し回すとすぐに止まりましたが、アクセルをゆっくり回していくと、止まることなく回転が追いついてきました。
おーっ!これはやったーかな!?
少し煽ってからエンジンを停止。
以前のままだとこの時点ですぐに再始動できないはずですが、再始動のためスターターモーターを回すとまたすぐにエンジンがかかりました!

排ガスも生臭いにおいではなく、少し焼けたような香りに変化。
始動後しばらくすると、アクセルに従ってビュンビュン回ります。
うむ、これはもうほとんど解決かな!

よーし、あとはどんどん走ってからオイル交換!と、ホークOH!

Comment

2017.07.11 Tue 19:18  |  

ハハハハ。初歩的なミスで良かったですね~。(笑)

  • #0yPYL1P6
  • Biogon
  • URL
  • Edit

2017.07.11 Tue 19:54  |  Re:

ははは、初歩ミスよくやるんですよ。ご心配おかけしました。
でもこの頃はミスに気づいて直せるようになりましたから以前よりだいぶマシになりましたよ(笑)

  • #-
  • akizoh
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh