分解整備 6日目

今日から分解整備の後半戦です。

フロントまわりをばらし始めました。
外すたびに、スズキの質実剛健さに感心するばかりです。
構成部品がさりげなく補強メンバーを兼ねていたり、わざわざ部品を分割して整備しやすくしてあるけど工夫して強度稼いでいたりと、バーディーの構造には感心することが多いです。
ホンダのカブ系とは本当にバイク作りの考え方が違うんですね。しかもMADE IN JAPAN。
ホンダの場合、車両の形状が最優先だったり、真っ先に整備性を犠牲することが露骨にあるので、それに苦労することが多々ありました。

20180120_5.jpg


さて、フォークブーツの下は怖ろしいことになっていませんように、と祈りながら開けてみると、錆ひとつ無い綺麗なインナーパイプ!
こんなに状態の良い中古車は初めて見た(笑)
フォークオイルは交換した形跡がないというか、ほとんどやってないと考えられるので、あとでOHしてオイル交換します。

20180120_6.jpg


全高を測ってみる。車にはぎりぎり積めるかな・・・もう少し下げたい。
純正ハンドルを分解していきます。

20180120_7.jpg


スイッチボックスのプラスネジ山がなめてました。外そうとして諦めたな?
ショックドライバーを打ち込んで回して解決。

20180120_8.jpg


ほお~。この構造いいな。

20180120_9.jpg


在庫のハンドルを全部出して比べてみましたが、どれもいまいち。
とりあえず、純正ハンドルを再利用することにしました。

20180120_10.jpg


工場組立時のグリップボンドが硬化してこびりついていたので、剥がすのに苦労。
溶剤かけながらヘラでゴシゴシ。

20180120_11.jpg

20180120_13.jpg


スロットル部分は全面すごい錆でザラザラに!
水をかけながら耐水ペーパーで400番から1000番までかけます。

20180120_12.jpg

20180120_14.jpg


カウル類も磨きました。
傷の形跡から配達などの業務で使われていたようなので、雑に拭かれた線傷が多いです。
プラスチックは研磨してから艶出しするしかないかな?
なにか良い方法が無いか調べてみるかな。

20180120_15.jpg

20180120_16.jpg

20180120_17.jpg

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh