通岳バーディー、山デビュー

長瀞・宝登山の蝋梅が見頃との話を聞き、通岳バーディーを出動させることにしました。
現地には小動物公園もあるので、家族のお出かけの下見もできます。

改良足場、倉庫から出してきた板、買ってきた滑り止めマット、車輪止めなど、積載の材料は揃っており、すでに車載試験も済ませています。
今回からこの構成で積み込みます。
足場板は特に曲がることもなく、しっかり積み込むことができます。

20180214_1.jpg


長瀞町役場の駐車場でバーディーを降ろします。
もう慣れたので、5分くらいで載せたり降ろしたりできるようになりました。
先にエンジンをかけ、自分の登山装備を整えている間に暖機運転します。
この駐車場は無料で利用できます。
宝登山登山口にある駐車場は有料ですからね。

20180214_2.jpg

準備ができたら登山口に近い宝登山神社まで3キロ、脇道を走っていきます。
長瀞の道をバーディーでトコトコ走っていると感慨深いものがあります・・・
憧れていたツーリング形態のひとつをちょっとだけ楽しめました。
またそのうち、長瀞、秩父あたりを走ってみたいですね。

現地はまだ雪が残っています。というか凍結しています。
登山装備そのままで降り、ヘルメットをホルダーにつけるだけで出発。

20180214_3.jpg


宝登山神社で道中の安全をお願いします。

20180214_12.jpg


さて宝登山の登山道ですが、登山道というより砂利舗装の広い林道です。
地図を見ると、ひたすらうねうねと平坦路を登っていくだけみたいで、5分歩いたところでつまらなくなってしまいました。
体を鍛えに来ているのに、こんな道を短時間歩いただけでは十分ではありません。
途中で秩父鉄道ハイキングの会の方に道を尋ねたところ、登山道を串刺しにするようにまっすぐ山頂まで行くショートカットがあるそうで、そこは勾配が急だということで、そっちに行くことにしました。

で、登り始めてすぐにカチカチの凍結路が (笑)
これは楽しい。道も狭いしバランス感覚も鍛えられます。こっちに来て正解でした。

20180214_4.jpg


しばらく登ると、こんな景色が見えてきます。静かでとても良いです。

20180214_5.jpg


山頂に向かっているつもりが、先に動物公園のほうに着いてしまいました。
おや、ここにも萌えキャラが・・・(笑)
埼玉県の観光地って萌えキャラ設置率が高いよなあ。
いやまぁ嫌いじゃないんだけど、実際の客受けはどうなのよこれって感じですが。

20180214_6.jpg

せっかく先に着いたんで、動物公園の下見をしてきました。
どうしてこんな頂上付近に作ったのか謎です。しかも小規模だし・・・
あと、階段の昇り降りが多いのできついですね・・・

さらっと見ていくだけなので、うさぎさんにニンジンあげて遊んできました。
妻がうさぎ大好きなので、写真も忘れずにカシャッと。送信~。

20180214_7.jpg


その後すぐに頂上に着きましたが、今の時期は山も茶色で微妙かな~?
春先、新緑や秋ごろは良さそうですね。

目的の蝋梅園は頂上からすぐでした。
近づくほどに、蝋梅の甘い香りがしてきて、良い気分になります。

20180214_8.jpg

既に開いているものとまだ閉じているものが半々くらい?
まだまだ見頃が続きそうな感じでした。

20180214_9.jpg

20180214_10.jpg


蝋梅を見て写真も撮ったあと、ロープウェイ山頂駅付近の食事処で名物の味噌ポテトを食べました。
実はこれを食べるのは初めて。
サクサクで柔らかいポテトに味噌がかかっているのですが、単純に味噌そのものではなく、ちょっと味を変えた何か?がかかっています。
うーん、これは個人的にはもっと味噌っぽいほうがより良かったかなあ。おいしいけどね。
ホットコーヒーも飲んで一休み。

20180214_13.jpg


意外と時間がかかってしまいました。
やはり登山、トレッキングは予想より1時間以上時間がかかると見たほうがいいですね。
なんだかんだで、休憩や寄り道が入ります。

休憩が済んだらあとは砂利林道のほうを一気に下山しました。
いつも使っているGPSロガーの記録は、今回は以下の通りでした。

20180214_11.jpg

今回初めてトレッキングにバイクを運用しましたが、なかなか良い感触です。
バイク利用区間の時間と駐車料金を節約できました。
なにか寄りたいところがあったら寄り道もできそうです。
バイクを出したほうが良さそうなコースに行くことになったら、これからも使ってみようと思います。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh