大変だ

妻がバイクに乗りたいみたいなことを急に言い出した。
モーターサイクルショーに行く前日に。

結婚記念日が近いので何らかのアピールか?!

やはり共有バイクを買うしか?!

それとも特に希望していた原付2種?!
エイプ100の750fourカラー!


それともベンリィ110で通勤スペシャル!


うーーーーん


嗚呼CB750F

親戚の家の近くのバイク屋で綺麗なCB750Fを見かけた。
手頃な価格だったが、もう所有は無理だろうな...
心残りである。



予想絞り込み

おそらくこの3車種に絞られるのは容易に想像がつく。

CB400SS

妻の好みを優先するとCB400SSにしたほうが間違いない。実質的に妻が扱える上限サイズ。思い入れがあり、問題なく扱える大きさ、整備のしやすさなど。単純にバイクの好みだけなら空冷4発のCB1100などを指定してくるに違いないが重過ぎて扱いきれずに丸投げするのは想像に難くない。おまけにあれはかなりの金食い虫であり、CB1100というバイクは懐古的な威容を金で買う財布泣かせで現実的ではない。CB400SSの個人的な希望としては、スカスカなフェンダーが難点なので数センチほどサスを詰めてローダウンするかフェンダー位置を変えたい。


ST250E

こちらの好みを優先させてくれるなら、コスト面や乗りやすさでも有利なST250Eにしたいところ。車両の大きさ、またがったときのハンドルまわりやメーター視界、座り具合がとてもしっくりくるので何回か本気で買おうと思った頃もあったが、当時の店の付き合いを優先したり妻の顔色を伺ったりしてやめてしまった。今思えば買っておけば良かったと後悔している。写真写りが難しいバイクなので写真のパッと見はそれほどでもないが実車の雰囲気はとても良い。


PS250

お互い便利に使い倒してやれって感じならPS250になるかもしれない。

共用について考えてみた

追記 グラストラッカー


使用率は9:1くらい、整備は全部自分、でもデザイン意識は1:1くらいになりそうな予感の共用バイクを所有するとして、まじめに考えてみる。

考察のポイント
いわゆるオールドスタイルとスクーターなら好みの相違は少ないし共用で生存できる可能性が高い。
できるだけ整備性が良いもの。
エンジンはシングルからツインまで。排気量は250か400。
古すぎるものは整備に手こずる時間のほうが長いので除外。


候補になりそうなものリスト

250クラス

CB223S

FTRの姉妹車だがスタイルとしてFTRではなく223Sというのがミソ。すこぶる乗りやすくシーンを選ばない万能っぷりだがFTRより非力で遅いので二人乗りと高速と積載は諦めるしかない。妻曰くタコメーターが無くメッキが一切無いので減点。整備性は旧ホンダの良さが出ている。


PS250

旧来のホンダレジャー車を踏襲する名車。ベースは当時のフォルツァ。中古はやや高いが所有を続ける価値は十分ある。お互いお気に入りで積載上等、二人乗りも楽。アウトドアにも使いやすいのでなかなかポイント高い。旧設計、パイプフレームでスカスカなのでスクーターの中では整備性は良いと思われる。


フォルツァSi

個人的には好きなスタンダードスクーター。250スクーターの中では軽量スリムで、まんべんなく走れてバランスが良いというザ・ホンダ。近年のホンダは総じて整備性が悪いので、グローバルモデルとはいえ整備面では嫌な予感がする。快適と収納は上位。息の長いモデルなので部品の心配がない。


PCX150

気軽な普段使いに重点を置いた場合の選択肢。燃費走行すればカブ110に迫る実燃費と高速に乗れる利点。無駄にフレーム剛性が良く、燃費無視で飛ばして走るほうが安定している。整備性は悪い。


ST250E

オールドスタイル250の中ではパワーもあるしバランスも良く軽量。個人的には好きなデザインで乗りやすさも良い。見るからにコスパ良く整備しやすい扱い慣れた構造で、乗るのに全く不安がない。メーターが格好良くて好み。メッキパーツもある。


スカイウェイブ250

250ビッグスクーターの中ではスペック上位、2ケツ上位、整備性上位という最強。各種収納も強い。でかくてロングホイールベースなのでツーリング向き。


グラストラッカー

FTRと同じくトラッカーブームに乗って作られたもの。妻にはタンクのグラフィックデザインが不評。性格と装備の違いはあるがST250Eとはフレームとエンジンをだいたい共有している。ST250Eは街乗りから高速まで安定していける正攻法オンロードバイク設計だが、グラストラッカーは当時の流行でファッション性(笑)を持たせ、エンジンは街乗りに重点を置いた低速トルク重視の味つけになっている。細身、背が少し高めでホイールが大きく軽量なので、高速で飛ばすにはあまり向いていないが、扱いやすく悪いバイクではない。オンロードらしく走りたいならST250Eを選んだほうが良い。もしグラストラッカーのデザインが良い場合にはこちらを。整備性はSTと同じくらい。装備が極めてシンプル。


400クラス

CB400SS

妻の最初の愛車。今でも時々復帰を願う。CL400の焼き直しでエンジンは名機XR系だがSRの二番煎じにするため更に牙を抜かれまくったせいで特筆する性能がなくなってしまった悲劇の迷車。ガチャガチャうるさい特有のメカノイズだけは引き継いでいる。逆に言えばXR系強化パーツが組めるが茨の谷に落ちることに。乗りやすさは普通だが背を低くするようにカスタムすると多少良くなる。旧設計なので整備性は良好。


SR400

問答無用のロングセラー車。妻に一番似合うと思うバイクNo.1だが本人は頑なに否定するので悲しい。400シングルとしてデザインも気に入っている。古すぎる設計を考えれば飛ばすバイクではなく割と遅いのだが、どういうわけかやたらに飛ばしたがる輩が多く、ガチガチにオサレカスタムしないと死んでしまう輩も多いSR教団。ノーマルが一番かっこいい。


テンプター400

ノートンタイプの低く構えた形状でかっこよく、SR対抗馬だったらしいが同クラスのバイクより装備もスペックも乗りやすさも上なのにあっさり敗北した不遇の迷車。バランサーつきエンジンでかなり快適らしい。今所有しているバーディーと同じ匂いを感じる。バーディーは当時のカブを超えるためにかなり良い設計と豪華装備で出したが敗北した。そしてその設計は今のカブ110にぱくられてしまっている。可哀想。


うーん

自分の欲しいバイクじゃなくて、妻と普段使いで共用できて子供乗せやすいものを探すかな。
たまにバイク通勤もしたいらしいので。
そうしよう。
実行できるかわからないが妻には秘密にしておこう。

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh