オイル交換、スプロケ15丁に交換

オイル交換やってなかったので純正指定オイルに交換しました。
10W-40 を 700ML です。
オイル銘柄のエクスターって名前は車と一緒なんですねえ。

特にどうしても気になるものがなければオイルは純正以外使わないことにしています。
純正指定オイルなら間違いないし性能が安定しています。
昔はいろいろオイルを買って挑戦していた時期もありましたが、純正が一番です。総合的に安く済むし。

オイル量を確認する方法が書かれたシールが貼ってあるので大変親切です。
ホンダ方式と同じく、アイドリングを2~3分させて、停止してから2~3分待ったときのゲージ量です。
説明書が無くても最低限こういった情報が表示されていると助かります。
全てのバイクがこうあってほしいですね。

20180216_1.jpg


次はドライブスプロケットを14丁から15丁に変更です。
バーディーはビジネス車で3速ギアなので、かなりローに振ってあります。
1速は0発進の加速専用で即頭打ち。2速で繋いでワイドな3速で流す感じなので、流れの速い道だとちょっと辛いですね。
街中だけで40キロくらいで流す分には快適だし、そういう使い方を想定した車両なので、50キロ以上になるとけっこう高回転で頑張ってしまいます。
そこで少しでも高速域で快適になるようにと、一番手軽なフロントを1丁上げです。

20180216_2.jpg

なんとなくサンスターが好きなので今回もサンスター製にしました。
バーディー90は、セロー225用のスプロケット(428サイズ)が適合するそうです。
取り付けてみたら厚さもぴったりでした。

チェーンの長さはぎりぎりでした。もう1コマか2コマ足したほうが適しているかもしれませんが、使えない長さではありません。
しばらく乗ったらチェーンが伸びてくるでしょうから大丈夫じゃないかなぁと、呑気にすることにします。
時間的にちょっとしか試験走行できなかったので、明日のお出かけをもって試験と本番を兼ねてみます。

通岳バーディー、山デビュー

長瀞・宝登山の蝋梅が見頃との話を聞き、通岳バーディーを出動させることにしました。
現地には小動物公園もあるので、家族のお出かけの下見もできます。

改良足場、倉庫から出してきた板、買ってきた滑り止めマット、車輪止めなど、積載の材料は揃っており、すでに車載試験も済ませています。
今回からこの構成で積み込みます。
足場板は特に曲がることもなく、しっかり積み込むことができます。

20180214_1.jpg


長瀞町役場の駐車場でバーディーを降ろします。
もう慣れたので、5分くらいで載せたり降ろしたりできるようになりました。
先にエンジンをかけ、自分の登山装備を整えている間に暖機運転します。
この駐車場は無料で利用できます。
宝登山登山口にある駐車場は有料ですからね。

20180214_2.jpg

準備ができたら登山口に近い宝登山神社まで3キロ、脇道を走っていきます。
長瀞の道をバーディーでトコトコ走っていると感慨深いものがあります・・・
憧れていたツーリング形態のひとつをちょっとだけ楽しめました。
またそのうち、長瀞、秩父あたりを走ってみたいですね。

現地はまだ雪が残っています。というか凍結しています。
登山装備そのままで降り、ヘルメットをホルダーにつけるだけで出発。

20180214_3.jpg


宝登山神社で道中の安全をお願いします。

20180214_12.jpg


さて宝登山の登山道ですが、登山道というより砂利舗装の広い林道です。
地図を見ると、ひたすらうねうねと平坦路を登っていくだけみたいで、5分歩いたところでつまらなくなってしまいました。
体を鍛えに来ているのに、こんな道を短時間歩いただけでは十分ではありません。
途中で秩父鉄道ハイキングの会の方に道を尋ねたところ、登山道を串刺しにするようにまっすぐ山頂まで行くショートカットがあるそうで、そこは勾配が急だということで、そっちに行くことにしました。

で、登り始めてすぐにカチカチの凍結路が (笑)
これは楽しい。道も狭いしバランス感覚も鍛えられます。こっちに来て正解でした。

20180214_4.jpg


しばらく登ると、こんな景色が見えてきます。静かでとても良いです。

20180214_5.jpg


山頂に向かっているつもりが、先に動物公園のほうに着いてしまいました。
おや、ここにも萌えキャラが・・・(笑)
埼玉県の観光地って萌えキャラ設置率が高いよなあ。
いやまぁ嫌いじゃないんだけど、実際の客受けはどうなのよこれって感じですが。

20180214_6.jpg

せっかく先に着いたんで、動物公園の下見をしてきました。
どうしてこんな頂上付近に作ったのか謎です。しかも小規模だし・・・
あと、階段の昇り降りが多いのできついですね・・・

さらっと見ていくだけなので、うさぎさんにニンジンあげて遊んできました。
妻がうさぎ大好きなので、写真も忘れずにカシャッと。送信~。

20180214_7.jpg


その後すぐに頂上に着きましたが、今の時期は山も茶色で微妙かな~?
春先、新緑や秋ごろは良さそうですね。

目的の蝋梅園は頂上からすぐでした。
近づくほどに、蝋梅の甘い香りがしてきて、良い気分になります。

20180214_8.jpg

既に開いているものとまだ閉じているものが半々くらい?
まだまだ見頃が続きそうな感じでした。

20180214_9.jpg

20180214_10.jpg


蝋梅を見て写真も撮ったあと、ロープウェイ山頂駅付近の食事処で名物の味噌ポテトを食べました。
実はこれを食べるのは初めて。
サクサクで柔らかいポテトに味噌がかかっているのですが、単純に味噌そのものではなく、ちょっと味を変えた何か?がかかっています。
うーん、これは個人的にはもっと味噌っぽいほうがより良かったかなあ。おいしいけどね。
ホットコーヒーも飲んで一休み。

20180214_13.jpg


意外と時間がかかってしまいました。
やはり登山、トレッキングは予想より1時間以上時間がかかると見たほうがいいですね。
なんだかんだで、休憩や寄り道が入ります。

休憩が済んだらあとは砂利林道のほうを一気に下山しました。
いつも使っているGPSロガーの記録は、今回は以下の通りでした。

20180214_11.jpg

今回初めてトレッキングにバイクを運用しましたが、なかなか良い感触です。
バイク利用区間の時間と駐車料金を節約できました。
なにか寄りたいところがあったら寄り道もできそうです。
バイクを出したほうが良さそうなコースに行くことになったら、これからも使ってみようと思います。

足場改良

思いついた。
足場をひっくり返したら段差が無くなってそのまま使えるんじゃないか?

おっと、使えそうです。
途中で両側を接続している板を切ればなんとかなるかな?

20180211_1.jpg


切ります

20180211_2.jpg


ばっちり!!

20180211_3.jpg

あとは滑り止めマットを追加すればいいかな。

バーディー 車載検証

午前中はアキゾーモータース開店でDさんが洗車にご来店されました。
手洗いは冷たいので、高圧洗浄機を使って水と泡を出して洗いました。なかなか早くて便利です。
病み上がりで来られたんですがその後大丈夫だったんでしょうか・・・
しかし相変わらずC600sportはかっこいいですねー。

20180210_1.jpg


その後バーディーが車載できるかどうかお手伝いしていただきました。
数値上は乗ることになっているんですが、実際に載せてみないとわかりませんからね。

20180210_2.jpg


無事載せることができました!

20180210_3.jpg

空間としては予想より余裕があって、積載も重量も大丈夫でしたが、課題が残りました。
安くあげるためにラダーレール代わりに足場を買ってきたのですが、段差が少し高いのでタイヤで蹴ってしまったりしてすぐにずれてしまうのです。
これでは危ないので、ここはちゃんとラダーレールを買わないとだめかなと思いました。
あとは床マット。ゴムマットみたいなものを敷いたのですが、意外と滑りやすくて、これも途中でずれてしまいます。また、降ろすときに前輪ブレーキをかけながら降ろすのですが、そのときにマットが前輪タイヤと一緒に滑っていってしまうので降ろすのが困難でした。
こちらは滑りにくくすることと、床板を別に用意してマットと一体化させるなどの処置が必要かなと・・・
車体の固定に関しては、既存のアシストグリップ(取っ手)を使い、タイダウンベルトでしっかり固定できました。

ということで車載できることがわかったものの、いま一歩、工作が必要です。

試乗し安全な動作を確認完了

妻の車の始動トラブルの解決と、バーディーのカーナビと電源の取り付けに時間がかかってしまい、試乗は夕方になってしまいました。

ナビの位置は意外と自由がきかずに苦労しました。
できるだけ収まりや視認性を良くしないと安全にかかわるので。
特に配線のとりまわしは毎回某氏に注意されていますがいまだに苦手ですね・・・(笑)

20180204_1.jpg


カーナビと電源が納得いく位置に収まったので、さっそく試乗に出かけてきました。

走り始めてすぐにわかりました。
おおっ、譲り受けたときと全く状態が違う!

ハンドルをきっても抵抗を感じない。もちろんガタつきなし。
ホイールは軽々と回転し、タイヤのグリップと路面の感触が柔らかく伝わってきます。
チェーンはガラガラいう音もせず、静かに回っているようです、というか聞こえてこない(笑)
排気音も静かで快適。
良く聞こえてくるのは、エンジンが快調に回り続ける音だけ・・・
なんというか、全てがツルツルに滑らかに動いています。
感動のあまり不審な笑顔で走りまわってしまいました。
左右ウインカースイッチが右側にあるのも慣れて問題なくなりました。

肝心のエンジンの調子を探ってみました。
速度はメーター読み70キロまで円滑な加速を確認。
アクセルに少しだけ余裕があったので、メーター通りの80キロは出るものと思います。
驚くほど直進安定性が高く、安心とリラックスに直結します。カブだと速度を上げると不安定になっていくので出したくない速度域です。
やはりフレームを始めとして車体がしっかりしている印象です。

そして回転具合ですが、なかなか面白いエンジンみたいです。
50、60・・・と速度を上げていくと、ジェットエンジンみたいなキュイーン!という音に変わっていって、振動が増える様子もなく、綺麗に回り続けていきます。
高回転型エンジンの予感がしますね。
点火系を新品に交換してあげると少し改善しそうです。

20180204_2.jpg

20180204_3.jpg

ちょっと、かっこいいんでないの、このバイク・・・
小排気量単気筒キャブレター車!

楽しくなって1時間くらい走り回ってしまいました。(笑)

結論
自分でも正直ここまで乗りやすく整備できてるとは思ってなかった。
気軽で大変扱いやすい、これはもう、立派なバイクだ。
あれこれ言わずに、これで二輪に復帰してしまった、としたい。

本当に良い旅バイクになりそうな車両です。
復帰には250ccクラスで・・・と、こだわっていましたが、それは買えるときに買えるものを買うということでいいじゃないかと・・・

ということでこのバーディーの整備完了をもって二輪復帰とします。
関係者の方々、高速には乗れませんがまたよろしくお願い申し上げます。
主目的だったトレッキングはもちろん、時間に余裕があれば、ひさしぶりにのんびりツーリングも楽しんでみたいです。

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh