おっと

うちの奥様がCB750Fを通勤に使うとか言い出した(笑)
奥様は旧車が似合うからなあ。
通勤路はほぼ高速道路なので、Fのエンジンにとってはとても良い。グッドコンディションで維持できそうだ。
は、早く直さねば。

悲報、朗報

悲報
CB750F、車検期限まで2ヶ月を切る

朗報
年末訃報から2ヶ月頑張って働いて、売り上げ回復する


サーセン、スズキ見せてくれませんか。
うお!バリピカのバンバン200!
シートフッカフカ!
30万すか。いいっすね。

サーセン、BMW見せてくれませんか。
店長のオススメ?
いくらっすか?
25万?!マジっすか?!
ワーォワーォ、ワーォ

なんでこんないいやつがバンバンより安いの(笑)
正規ディーラーで販売、整備されてたのをこの前下取りしたと。
で、店としては早く処分したいと。
どこのディーラー?
え!○○県の○○○○○?!

繋ぎで小型車買うのは金もったいない。
どーんと本命行くっぺ?


リヤウインカー取り付け

3月は比較的暇な時期になるので時間が空きやすいです。
以前から考えていたウインカーステーを自作しました。
相変わらず溶接機が無いので、溶接はいつもの町工場にお願いしました。

工場長「溶接機を買って自分でやりたい?いやー、やめといたほうがいいよ、そんな簡単にうまくいくもんじゃないよ。俺だってうまくいかねえし!ガハハ!」

あはは、そっすねー。(しゅん)



耐久性を高くしておかないと不安なので、自作は基本的にステンレス材を使います。
厚い部材が必要なので材料費が高いですね。
かといって薄いものを重ねるのは逆に面倒。


フロント、リヤそれぞれ差し込んでみる。





んー、穴位置ぴったり!

リヤ側ステーの寸法がいまいちだけど、しっかりしているからまあ良いとしよう。




それでは車体に取り付けてみます。
ドキドキ。





うほおおお

Fっぽくなってきたああ~!(嬉)

リヤ側は成功!やったぜ。
フロント側はホークパイプにつける部品を用意してないので、またあとで。




ヨコハマ JOB RY52 155R12 6PR

155R12にタイヤ交換して300km程走りましたのでインプレ。





交換直後は、
「なんだこのクッソ硬いタイヤ!転がらないし燃費ガタ落ち、失敗したか(泣)」
と落胆して、しばらく我慢してました。

ところが200km超えたあたりから急に乗り味が変わり始め、今では良く転がるし乗り心地も良し!となりました。
皮むきはわかりますが初期慣らしが必要なんですかね?
とにかく良い感触になりましたよ。
今の快適セッティングは以下の通り。

タイヤの潰れ具合を見ながら...
タイヤ空気圧 前2.3 後2.5 くらい
助手席おもり無し

145R12の規定値より下げる方向が良いようです。
空気圧は様子を見てまた下げるかもしれません。

走りは、ヨレなくなりどっしりしました。
狙っていた高速安定性バッチリ。
すごく楽です。これなら長距離も安心です。
コーナーは予想より早く踏ん張ってグイグイ曲がっていきます。
走行音は純正BSより気持ち静かになりました。
燃費は予想より落ちなかったので良かったです。

最初はどうなるか心配でしたが、これなら走りの面でも、整備受付や車検の面でも安心です。

バンバン欲しいかな(笑)

ディオ110復帰して近所乗り回してますがシティコミューターの域を出ませんね。長い距離乗ろうとしたら背中と腰にきました。

ラクチンなビッグスクーターしばらく欲しい気分だったんですが、「ブォーン プスプス ブォーン」と一定の音しか出ないので少し気持ち悪いかもしれませんね。
あと性能と価格が合ってないというか高すぎ。
それに男ならタンク挟んで足でミッションかき上げるべしという耳の痛い話が(笑)
というか乗れるMTバイクが無くて病んできました。

CB750Fは修理後は動態保存コースでしょうから出先トラブル考えたら頻繁なロングランはきついかもしれません。

そこで本来好きな車格の200 - 250ccクラスの単コロですよ。
下駄も下駄、気兼ねなくツーリングにもこき使ってやれます。簡単なトラブルだったら出先でも自分で直せる可能性が高い。

調べてたらバンバン200が楽しそう。
バンバラバンバンバン、バンバラバンバンバン



これ、かわいいな。

あーもー バイク乗りたいー。

プロフィール

Akizoh

Author:Akizoh
乗り物中心、自己満足ブログ。
ちまちまと趣味の整備や小改造。自主整備で車体が復活する悦び。
単気筒車や旧車が中心で、少ない時間を使って日々整備をしている。
観光撮影やマイペースなのんびりツーリングを好む。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Copyright © Akizoh